鬱は現代で増えている心の病気|ツライ症状を把握して完治を目指そう

女の人

やる気がなくなってきたら

女医と笑う女性

どのようなことがでるのか

鬱の症状は様々であります。鬱になっているのに鬱に気づいてない方もたくさんいます。また、主にどういった症状がうつの症状なのかということをきちんと把握している人も少ないでしょう。人によって症状は様々ですが、まず軽い段階では何事もやる気がなくなるところから始まります。それから、寝ても疲労感がとれなかったり、常に体がだるいと感じるようになります。常にぼーっとしてしまったりということも出てきます。また、不眠症になったり、拒食や過食などを繰り返すこともあります。これらの症状から始まり症状がひどくなってくると、趣味や好きだったものに興味を示さなくなってしまいます。そしてどんどん考え方や感情がネガティブになってきてしまい、被害妄想が強くなってきたり、人と接するのが嫌になり、引きこもりがちになっていきます。このような症状がでてさらにひどくなってくると、自分を傷つけるようになってリストカットや自殺未遂などをするようになってしまいます。このような症状が主に鬱の症状になります。では鬱にならないようにするにはどのような対策が必要なのでしょうか。

予防や対策

鬱の一番の原因はストレスです。ストレスを取り除くことが一番の解決法に繋がります。ストレスと感じることをできるだけしないようにすることが良いとされます。とはいっても仕事のストレスなどは仕事を辞めるわけにはいかないのでストレスを改善することができません。こういったときは自分が心から楽しいと思える趣味を見つけることが大切になってきます。趣味がない方はなんでも良いので自分が集中できることを探すと良いでしょう。このようにすることにより、物事に集中している間はいやなことを忘れられることができるからです。それから、生活習慣を整えることもすごく重要になってきます。鬱の症状は主に夕方からひどくなってくると言われています。ですので、生活習慣を整えるためにも3食きちんとバランスのとれた食事をすることが良いでしょう。また。40度くらいのお風呂に長時間つかることによって副交感神経が働き体をリラックスした状態にもっていってくれるので夜にお風呂につかることなどが良いでしょう。しかし、このような対策を行なっても、気分が晴れない場合には、専門の医療機関への受診が最適です。