鬱は現代で増えている心の病気|ツライ症状を把握して完治を目指そう

女の人

暗い気分だけではない病気

頭を触る男性

風邪とカン違いすることも

鬱というと、気分の落ち込みや意欲低下、マイナス思考などが真っ先に頭が浮かびますが、実はそれだけではありません。一見、鬱とは思われない症状として現れることがあり、それによって病気を見逃すケースもありますので、これらの症状をよく覚えておいて早期発見・早期自覚をし、早めに治療に入れば、その後の病状も軽くて済みます。気分落ち込みなどの典型的な症状以外に、鬱にはどんなものがあるのかを挙げると、まずは疲れやすいなどの不眠傾向などの身体的症状があります。これはほとんどの患者さんが訴える症状です。その他には頭痛や胃痛、腰痛、腹痛などの痛みとして現れることもあります。また、風邪がなかなか治らないなどの回復力低下もあります。普通の風邪なら一週間程度で自然治癒するものです。それなのに一か月も治らないなどの時は、鬱をはじめとした別の病気の可能性を考えてみましょう。どんな病気もこじらせると後が面倒です。前記に挙げた中で、精神的症状に加え。いくつかの新滝的症状も該当する方は、一度受診することを検討してみてもよいでしょう。

インターネットを利用する

以前はもしかして鬱かもしれないと思っても、医学書に当たるなどしか頼る方法がない時代もありましたが、最近は情報の豊富なインターネットを利用して、早めに治療に入られる方が増えました。オープンになった時代とはいえ、やはり今でも鬱かもしれないという不安は、なかなか他人には打ち明けにくいものです。インターネットの自己診断チェック表などを上手く利用して、自分を悩ませているものの正体をすばやく的確につかむ方が、余計な心配をする時間も少なくて済みます。ただし、こういった自己診断チェック表の利用にも注意点があります。それはあくまで自分は素人でしかないという事を、忘れてはいけないという点です。人は頭に一つの病名が浮かぶと、起こっている様々な症状や現象を、それに合わせて解釈してしまうという傾向があります。特に素人はそうです。あくまで、最終的な診断は知識と経験を積んだ医師によって行われるべきことです。