鬱は現代で増えている心の病気|ツライ症状を把握して完治を目指そう

女の人

病気を理解する

診断

接し方

鬱の症状は、周囲の人間が見れば怠けているような感じがすることがあります。患者本人は、暗い気持ちに押しつぶされそうになり、責任感や罪悪感を感じている場合が多いです。鬱の症状は、脳の病気によって起きていることを理解して周りは接する必要があります。周囲の人間が見て思うことがあっても、患者本人の苦痛は自分にしかわからないものです。鬱の症状がある時は出来るだけ優しく親身になって接することが大切です。声のトーンにも気を付けながら、静かに話すようにします。鬱の症状があると必要以上に神経をすり減らしていることがあります。大きな声だったり急に話しかけると患者の負担になることがあります。励ますのは逆効果なので、励ますよりも作業をフォローしたりサポートに回るほうが良いです。批判や攻撃的な言葉は避けて、患者の苦痛を少しでも聞いて和らげてあげる必要があります。焦らせず、自分のペースでゆっくりでも着実に回復していけるようにします。周囲のサポートが必ず必要です。

サポート体制を整える

患者の鬱の症状改善を目指すには、周囲の協力が欠かせませんがサポート体制を整える必要があります。周囲の心の健康を保つためです。患者は話を聞いてもらうことで安心することが出来ます。その為、周囲が親身になって話をよく聞くようになります。そうなると、周囲も患者の苦痛を共有してしまうことになるので、共感し過ぎないことが大切です。患者の話を聞いてあげる時は、時間を決めて話を聞くようにすることが大切です。時間を決めずに話を聞こうとすると患者も必要以上に心の内にあるものを吐き出そうとするのでお互い大変になります。一時間なら一時間、二時間と時間を決めて集中的に話をしてもらうようにすると、お互い負担なく会話が出来るようになります。常に冷静でいるようにし、患者の話ばかり毎日聞くのではなく、気分転換して外出したり運動したり外の空気を取り入れながらリラックスできる時間を設けるようにします。自分の感情が揺さぶられないように、患者に対して症状改善のサポートが出来るように自分を保つことが大切です。