鬱は現代で増えている心の病気|ツライ症状を把握して完治を目指そう

医療

最新記事一覧

やる気がなくなってきたら

女医と笑う女性

鬱症状は最初は脱力感などから始まることがほとんどです。しかし、それからどんどん症状がひどくなってしまう場合があるので、最近やる気が出ないと感じたら何が原因なのかをしっかりと探り、鬱になる前に予防することが大切であると言えます。

詳細を確認する

病に対する正しい知識

ナース

鬱症状は多くの場合抑鬱状態から始まります。そうした状態が深刻化した場合、記憶力や集中力の低下と言う症状が発生するのです。状態を悪化させたくない場合は十分な休息をとりましょう。鬱病を完治したい場合、病気を発症した原因を取り除くようにしましょう。

詳細を確認する

典型的な心の疲労は

男性

見られる特徴と判断方法

心の風邪とも呼ばれることのある鬱病は、ストレスの多い現代社会では決して珍しい病気ではありません。そんな鬱病の症状の特徴としては、気分が沈んでいる抑うつ気分や趣味などに興味が持てなくなる喜びの喪失、集中力や思考力、意欲の低下といったものがあります。他にも強い焦燥感などの精神運動の障害、生きることが辛いといった感情などもあります。こういった精神症状以外にも身体症状が出ることもあり、身体症状としては疲労や倦怠感、ホルモン系の異常、頭痛や肩などの痛み、睡眠障害や食欲、体重の急激な増減などがあります。もっともこういったことが鬱病だと本人は気づかないケースもあり、そういった場合は家族などが気づいたことで、病院へ家族に連れられて受診することもあります。また鬱かどうか自己判断するサポートとして、セルフチェックが可能なチェックシートなども存在しています。こちらはインターネットや書籍などで簡単に利用することが可能なため、病院へ行くべきかどうか悩む段階の人にとっては、判断材料として手軽なために人気があります。

チェックシートと治療方法

病気が疑われるようならば、やはり一番良い方法は病院を受診し、医師の判断を仰ぐことです。しかしあくまでチェックシートなどを利用して、まだ病院で治療を受けるほどでもないと判断した場合は、十分な睡眠や休養をとるようにしましょう。そして生活習慣の見直しやストレスの原因なども取り除き、これ以上の症状悪化を予防するようにすることが大切です。もっとも自己判断だけでは甘く判断してしまうこともあるので、やはり家族などの他人の判断も得るようにした方が良いでしょう。そして病院での治療は、早期の状態での受診の方が、より完治への近道になります。ちなみに病院での治療内容としては薬物療法や行動療法などがメインとなっていますが、それだけでなくカウンセラーによるカウンセリングを受けてみたりすることも効果があります。ただしどのような治療方法にしても、基本的に完治まではそれなりに時間もかかりますし、一度完治したからといって、二度と再発しないというわけでもありませんので注意が必要です。それゆえに治療も重要ですが、やはり日頃の環境や生活習慣などを工夫して、ストレスを溜めないようにすることも大切です。

増加傾向にある心の病

男の人

自分や周囲の人で鬱ではないかと気になる人がいた場合、睡眠障害や思考力や感情のコントロール喪失といった症状があるか確認しましょう。それに加えて強い罪悪感や自殺念慮があったら危険です。良い医師のもとで受診し、鬱であるかどうかを判断してもらうことが最善です。

詳細を確認する

暗い気分だけではない病気

頭を触る男性

鬱には気分の落ち込みや意欲低下、マイナス思考などの精神的症状の他に、疲れやすくなる、睡眠障害、頭痛、胃痛など、身体に表れるものもあります。これらは一見、典型的な鬱の症状とは違うので、病気が見逃されることがあります。このような身体的症状を予め知っておけば、早期発見で病気が軽く済む可能性が出てきます。

詳細を確認する

病気を理解する

診断

鬱の症状が出ている時は、患者に親身になって接し、励ますのではなくフォローするようにサポートします。話を聞く時は一定の時間を設けて、それに合わせて話を聞き、外出や運動など外の空気を取り入れながらリフレッシュする時間も大切です。

詳細を確認する